バスタオルの嫌な臭いの原因は?

バスタオルの嫌な臭いの原因は?

バスタオルの嫌な臭いの原因は? 普段、お風呂あがりに体を拭くために使うバスタオル。
体を拭いた後に、濡れたままの状態でかわかさないでいると、嫌な臭いを発することがあります。
また、洗濯してもその臭いがとれないこともあります。
このバスタオルの嫌な臭いの原因は、雑菌によるものです。
体を拭くことで、皮脂や汗などがタオルに付着し、また、タオルが湿った状態だと雑菌が繁殖しやすい環境になります。
そのため、雑菌が増殖してしまうことで、臭いが発生します。
そのような状態にならないようにするためには、しっかりとタオルを乾燥させることが大切です。
湿ったタオル、またそのタオルが汚れ、皮脂などが残っていることで、これが細菌にとって、餌になってしまい、雑菌の繁殖するためにはいい環境を整えてしまうことになります。
それを防ぐには、タオルをしっかりと乾燥させることが大切です。
お風呂あがりで、体を拭いた後はすぐに干してかわかしましょう。
また、洗濯をして、乾かす場合も、乾燥機などがある場合には、しっかりと乾燥させ、ない場合には、きちんと干してできるだけ早くかわかすようにすることが大切です。
洗濯時には、洗剤が少なすぎても多すぎてもいけません。
適量を守ることで、きれいに洗うことができるでしょう。

バスタオルの臭いは何度洗っても落ちない?

バスタオルの臭いは何度洗っても落ちない? 毎日のように何度も洗っているバスタオルが臭うことがあります。
干して乾かしたときにはあまり臭いがしなくても、使用してバスタオルが濡れたときに、異臭を感じます。
これは、タオルに雑菌が住み着いているからです。
雑菌は、湿った場所が好きで、皮脂や角質、汗、石鹸カスなどをエサに増殖します。
雑菌が増殖することによって臭いを発します。
雑菌は洗濯で洗っても仮眠状態になって除去できていないことがあります。
使用した時にタオルが臭く感じるのは、水気によって雑菌が復活しているからです。
ですから臭いを解消するには、この雑菌を死滅させる必要があります。
効果的な方法は、煮沸消毒です。
鍋で15~20分ほど煮洗いし、その後通常の洗濯をすれば雑菌を除去することができます。
洗面台などにお湯を張って、酸素系漂白剤で漬け置きするのもよい方法です。
タオルに雑菌を溜めない方法としては、洗濯後すぐに干すことです。
濡れたままの状態で置いておくと、雑菌が繁殖しやすくなるからです。
また、洗濯槽を選択かご代わりにするのはやめましょう。
洗濯槽に雑菌が住み着き、洗濯を繰り返しても雑菌が付着してしまいます。
洗濯槽も定期的に漂白剤などで清潔に保つことが大切です。

おすすめのにおい対策関連リンク

気になるにおいについてその原因や解決策をお届けしてくれる情報サイト

車 臭い