臭いが付かない為のバスタオルを洗う頻度は?

臭いが付かない為のバスタオルを洗う頻度は?

臭いが付かない為のバスタオルを洗う頻度は? バスタオルは普通のタオルやTシャツ等よりも布地の面積が広いです。
布の面積が広く生地も分厚いため、汗や身体の水分をよく吸収してくれます。
お風呂あがりにはもってこいの製品であり、小さくて布の面積が狭いタオルで身体を拭くよりもずっと効率的です。
普通のタオルでも工夫すれば上半身から下半身まで綺麗に水分を拭き取れますが、全身を拭き終えた頃には布全体が水分でビショビショになっているでしょう。
バスタオルは生活のマストアイテムであり、素早く全身の水分を拭き取れる素晴らしい製品です。
しかし、布の面積が広く生地が分厚く、水分の吸収性が高い性質が強いため、皮膚から自然と発せられる汗や皮脂なども自然と取り込んでしまいます。
皮脂や人体から出る汗を含んだバスタオルは一定時間、放置し続ける事で酷い臭いを放ち始めます。
気候や環境によって多少前後しますが、使用後一日以上放置すれば、酷い臭いが生地から発生するはずです。
臭いが一度付いてしまうと本格的なクリーニングをしない限り、悪臭が生地から取れなくなります。
そういったリスクを避けるためには高頻度で使用後の製品を洗濯しなければいけません。
秋冬といった比較的気温が低いシーズンであれば、一日以上放置していても平気ですが、臭い発生を予防したい方は必ず二日以内に洗濯しましょう。
湿度と気温共に高い夏場や春の終わり頃は一度でも使用すれば、直ちに洗濯機に入れましょう。

臭いの付いてしまったバスタオルは洗濯前のひと手間でスッキリ

臭いの付いてしまったバスタオルは洗濯前のひと手間でスッキリ バスタオルの臭いは洗濯前のひと手間で気にならなくなります。
用意するのはバケツとお湯(37度ぐらい)とセスキ炭酸ソーダです。
洗濯する前に少し汚れを落としておくと洗濯後に残る汚れを防ぐ事ができます。
まず初めに、バケツにお湯を注ぎます。
バスタオルが十分に浸かる量が好ましいです。
バケツにお湯を入れた後にセスキ炭酸ソーダを10グラムほどいれます。
よく掻き混ぜてセスキ炭酸ソーダを溶かしたら、バスタオルをバケツに入れます。
汚れが目立つところは少しもみ洗いすると汚れが綺麗に落ちやすくなります。
少しもみ洗いした後に2時間ほどつけ置きますと、更に綺麗に汚れや臭いが落ちやすくなります。
出来るならば、つけ置きはしてほしいところです。
そして洗濯に入りますが、臭いが洗った後でも残るのは、においの原因や汚れが衣類に染み付いているからです。
理想的なのは衣類に染み付いた臭い、汚れを完全に除去する事です。
タオル類を洗濯するには、他の衣類と洗わずにはっきり分別して、タップリのお湯で念入りに洗濯機で洗う事です。
洗った後に直ぐに干せば、においはだいぶ改善されます。